FC2ブログ

ひよこ倶楽部への道

2006年10月に息子を、2008年8月に娘を成育医療センターで出産予定です。2人とも IVFで授かりました。もうすぐあえるかな?

09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11

いくつになったの


プロフィール

fina (ANNA)

Author:fina (ANNA)
不妊治療歴1年半
KLCにて胚盤胞移植で妊娠!
成育医療センターで分娩予定


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



無痛分娩か自然分娩か
成育の無痛分娩は現在主流の「硬膜外麻酔」です。
脊髄麻酔と違い、麻酔導入中でも自分で立つ事も歩くこともできます。
(ふらついたりこけたりする危険のため妊婦には薦められませんが・・)
なので「麻酔分娩」というより「鎮痛分娩」というとわかりやすいかも。

病院によっては「完全無痛分娩」っていうのもあるらしいですが、
この病院は自然分娩での痛みの3割くらいという「和痛分娩」です。
完全に痛みをとってしまうと自分の力でイキんで産めなかったり、
陣痛がうまくつかず、分娩時間が長くなって傾向があるのが理由らしい。
なので麻酔導入開始は子宮口が4~5センチ開いた時点から開始し、
「いきむ」段階(子宮口全開)まで来ると麻酔の量を調整するそうです。

「薬を使わない自然な分娩が赤ちゃんに一番優しい」と「無痛分娩」に懐疑的な人が日本では多いのですが、「硬膜外麻酔」は医学的にはかなり確立された赤ちゃんに与える悪影響は極めて少ない分娩方法です。アメリカでは6割のお産が「無痛分娩」(2割が帝王切開)なので8割がたが何らかの鎮痛分娩を行っている計算になります。
ただ日本で普及しないのは、「痛みに耐えて母になれる」という昔ながらの教えと、周産期医療の現場での麻酔医の人員不足という点に尽きると思います。

分娩時の「硬膜外麻酔」の利点は、
★ママが痛みによってパニックになり呼吸がうまく行えず、
  赤ちゃんに十分酸素が送られず酸欠状態になるのを回避できる。

★痛みや「イキみ」に耐えたり逃したりしている間、
  母体の身体がこわばり産道が硬くなるのを防げます。

★子宮口が全開になる前にイキんでしまい、
  母体の産道や子宮頚管を傷つけるのを防ぐ

★母体にヘンな力が入らず産道が柔らかい状態でお産がスムーズ
★母体の恐怖とストレスを取り除き、前向きで冷静なお産ができる
★分娩で体力を消耗してしまわず、後の母乳育児に体力を温存できる。

利点ばかり並べるのもなんなので、欠点も書いておきましょう。
◆母体の血圧が下がることがある。
◆薬が人によって体質的に合わない場合もあり、吐き気や頭痛がある。
◆医療行為なので、リスクがゼロってことはありえない。

しかしながら 母体の血圧が下がるのは自然分娩でも全く同じですし、吐き気がするのも自然分娩でも普通です。リスクに関しても自然なのでゼロってワケでもない。結論として、ちゃんとした医療体制で監視されていればこのような部分は回避可能です。

あとよく言われるのが、
「無痛分娩」を行うと帝王切開の確率が増えるという噂ですが
医学的に何の根拠もなく、「自然分娩」と同じ確率なんだそうです。
また「硬膜外麻酔」の場合、挿入しているカテーテルからの麻酔の量を調節することによりスムーズに「帝王切開」にも対応できるという利点もあります。

最近は小さな分娩病院でも「無痛分娩」ができる施設がありますが、産科医が麻酔をする場合もありますし、成育のように24時間麻酔医が待機している病院もあります(そういう施設はかなり日本では少ないと思いますが)。そういう環境なども、無痛分娩にするか自然分娩にするかの判断材料になるとは思います。
スポンサーサイト



成育医療センター / 2006.09.29 15:58 / TB[0] / CM[0]


【32W3D】マタニティクラス
今日は成育医療センターのマタニティクラスだった。
この病院のマタニティクラスはこれ1回だけです。
立会い出産の場合は 立会いクラスというのを別に1回受けます。
クラスの内容は結構かぶる感じではありますが、
立会いクラスは旦那様への教育のため、
マタニティークラスは産婦さんのためって感じです。

昼の1時に受付して1時30分にクラスは開始し4時過ぎまでありました。
参加者は32週~36週の成育で出産予定の妊婦さん30名くらい。

受付時に、名札をもらうんですけど、そこには
「○○○○ ○○○(ひらがなの私の名前) ママ」とかかれてて
すごく照れました・・・そうか・・・ママなんだ・・・はじめて呼ばれましたよ。
ママ・・・。超感動!

マタニティークラスではまずは自己紹介を一人ずつして、
その後分娩の流れと母乳育児についての話を聞きました。
一般的な話も多かったですが、質疑応答で知りたいことが聞けて
参加してよかったと思いました。病院によって対応が違うので
そのアタリも聞けてよかったです。

思ったのが・・私のお腹ってそんなに大きくないかなぁと・・・
同じ週数でも大きい人は大きかった。

あと最後に産婦さんが新生児を抱っこしていろいろお話してくれました。
生まれて5日の新生児めちゃくちゃかわいかったです。
あんなかわいい赤ちゃんの小さい版が、お腹の中で動いていると思うと
なんかリアルに感動しました。
成育医療センター / 2006.08.24 22:31 / TB[0] / CM[0]


バースプラン提出
成育では30週を越えたあたりで、バースプラン提出のプリントがもらえます。 まぁ アンケート形式になっていて、とくに特別な内容ではなかったです。 会陰切開・剃毛・導尿・浣腸・分娩監視モニターについてとか ・・・でもさ・臨機応変でいいんじゃないか? と私が思うような項目がすごく多い。必要ならやってもよい! でもやっぱり中には絶対にイヤっていう人もいるんだろうね。 あと、赤ちゃんとの対面の仕方とか これは聞かんでもみんなできるだけ早く会いたいよね。 赤ちゃんは預けて家族に会いたいとか、誰にもあわず休みたいという項目にマルをする人っているのかな・・。 で、このバースプランで一番大事なのが、 ◆自然分娩か無痛分娩か・・・ ◆立会い分娩かそうでないか・・・ って所じゃないかな。
成育医療センター / 2006.08.17 13:26 / TB[0] / CM[0]


立会いクラス
成育では立会い出産を希望する人は「立会いクラス」を受講しなくてはいけないことになっています。
せっかくLDRでの出産なんだし、旦那様も一緒のほうが心細くないので結構みんな立ち会うんじゃないでしょうかね。

ちなみに「立会いクラスですが」第3土曜日にやってます。
14:00~16:00 です。
予定日の2ヶ月前くらいのやつ申し込む感じになります。
申し込みはさらに受講するクラスの2ヶ月前からです。

受講費用は 2000円です(後日の診察で清算となります)
あと事前に5階の売店で1100円のテキストを購入しておきましょう。

私は買ってなくて、受講日に買ったんですけど、早めに買ったほうがいいと思います。妊娠初期なんかのことも説明してあるので、なんか妊娠8ヶ月に買ってもなぁーとか思ってしまいましたので・・・。

内容ですが、女性で妊娠と出産に関しての基礎的な知識(妊婦雑誌を読んでいる程度でもOK)があれば、さほど「おおーーー」と思う内容でもないです。でも男性が立ち会う上での心構えを作るのにはいいと思いました。
あと、呼吸法の練習を夫婦で一緒にやるんですが、旦那は腰のマッサージを呼吸法と連携してこうやる!っていう練習なんですよね。これは前もってやっていてよかったかもです。
成育医療センター / 2006.08.16 23:02 / TB[0] / CM[2]


胎児エコー
成育医療センターでは20週と30週付近で 30分ほどかけて胎児を検査するエコーがあります。 心臓や胃・腎臓・手足・顔・へその緒・胎盤 そういったのを丁寧に検査していきます。 まぁ普通のエコーと大差ないですが、 赤ちゃんが無事に元気に育っているチェックができて 妊婦には安心です。 3Dや4Dエコーは成育にはありません。 3Dや4Dのエコーはやはりリアルに赤ちゃんを感じられるツールではありますが、特に医学的にこれをやっても何がわかるというわけでもないため、成育では必要ないという考え方です。 でも、もし記念にリアル胎児を見たい人は、他病院で4D外来をやってるのでそこに予約を入れていくといいと思います。 私も 一度地元の産婦人科の4D外来へ予約して胎児をビデオで記録してもらいました。その様子はこちら・・・
成育医療センター / 2006.08.15 13:17 / TB[0] / CM[0]


入院に必要なもの
成育では28週ごろになると、「出産の入院で持ってこいリスト」が渡されます。私は切迫自宅安静妊婦だったので、はやめにそろえたいので、
はやく内容が知りたくて一生懸命NETで探したんだが、結構見つからなかった。ということで、私が記録として書いておこうと思います。

書類関係
・入院申込書・身元引受書  ・印鑑
・母子手帳   ・健康保険証  ・ママと赤ちゃんの診察券
・分娩産褥用品予約券(9800円)  
・肌着セットオムツ使用予約券(9450円)

LDRで必要なもの
・前が開くネグリジェ(1枚)
・産褥ショーツ(1-2枚)
・大きめバスタオル(腰に巻いたり・汚れ防止用  1枚)
・タオル(汗拭き・体拭き用 2~3枚)

入院に必要なもの
・寝巻き・下着・タオル(授乳しやすいものを)
・洗面用具    ・お風呂用具
・スリッパ    ・ティッシュ    テレビ用イヤホン

赤ちゃんで必要なもの
・ガーゼのハンカチ(授乳時に使用)
・母乳パット(タオルで代用可)
・退院時の肌着と服

あと分娩時にLDRで使う アロマオイルとか CDを何枚か
持って行くといいそうです。リラックスグッズですね。

予約券は 5階の売店で事前に購入しておく必要があるようです。 
成育医療センター / 2006.08.08 21:47 / TB[0] / CM[0]


母子同室
日本でも生まれたその日からずっと母子同室というのが増えてますね。
私の分娩予定の「成育医療センター」もそうなんですけどね。
分娩終わってすぐに赤ちゃんの御守が開始されます。

これは、WHOとユニセフが共同で出した条文で決められているようです。
なるべく母乳で育てたい人はこれを守った方が母乳の分泌が増え、
母乳だけで育てられる確率が高くなる、 というもの。

・分娩後30分以内に初回の授乳を行う
・出産24時間以内に7回以上(初回授乳は含まず)飲ませること
・医学的に必要なければ、母乳以外のミルクや糖水を与えない
・母子同床。赤ちゃんと母親が一日中24時間、一緒にすること
・赤ちゃんが欲しがる時に欲しがるままの授乳をする
・ゴムの乳首やおしゃぶりを与えない

日本の厚生労働省もこんなスローガンを立ててます。
 「1.5ヶ月までは、母乳のみで育てよう」
 「3ヶ月までは、できるだけ母乳のみで頑張りましょう」
 「3ヶ月以降でも、安易に人工ミルクに切り替えないで育てましょう」

Finaは一応頑張って母乳育児するつもりではあるが、
かなり老体の母体にはハードでしょうね。頑張らねば・・・・・・
成育医療センター / 2006.06.08 20:54 / TB[0] / CM[0]


分娩予定の病院を紹介
これが私の通っている病院です。とても広く子供ウケするかわいい作り
開放感のある吹き抜け。子供を飽きさせない遊具満載だったりする。
これは2Fから3Fに向かうエスカレータで撮影してます。

地下には売店やカフェがあり、そこで焼きたてのパンを売ってます。
病院内でパン焼いてるってすごいですよね。超おいしいんです。
最上階には東京を見渡せる眺めの良い展望レストランもあります。

さすが国立病院ですねwww。
せいいく
成育医療センター / 2006.06.01 22:06 / TB[0] / CM[2]



 + 


ブログ内検索


Turn Page


カテゴリー


月別アーカイブ


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


* Designed by cadet; * -----【Login】